踵に痛みが出ていたサッカー少年の症例

少年サッカー

 

今日は、歩いたり走ったりすると踵全体が痛くて困っているという

小学生のサッカー少年が来院されました。

この少年、ランニングをしていたら踵が急に痛くなってきて、最近では

サッカーも出来ないくらい痛かったようです。

 


病院で検査をしたが、何も骨には問題が無く足底筋膜炎と診断を受けたそうです。

体をチェックしていくと、痛みを出している以外の所に歪みがありました。



普通、骨は硬くて歪まないと思ってる人がいらっしゃいますが、実は柔らかく

できていて、同じ箇所に一定の圧力で力が加わっていると、その骨の箇所は

歪んでしまいます。

それはレントゲンには写らないし、お医者さんでも、骨が歪むという概念が

無いので分からないようです。

 

さっそく、歪んだ箇所を調整して、その場でジャンプや駆け足をしてもらうと、

「痛く無いです」と一言。

この子の、ある普段の癖が歪ませているので、その事を説明し、終了。

後日、2回目の来院の際、走ったりサッカーをやっても痛く無いということでした。

 

よくスポーツをしている子供達や、一般の方々が、やってるスポーツのせいで

障害を出していると思っている人が多くいらっしゃいますますね。

でも、ほとんどの場合がスポーツをやってる事が原因ではありません。

その事を来院される方にを説明をすると最初は驚いて信じられないようです。

正しい知識、正しい身体の使い方を知る事で、元気な体で生活出来ますし、

スポーツも楽しめます。

 

 

当院はスポーツ障害で悩んで来院される子供たちが沢山います。

スポーツ障害だと思っていて、痛みでお困りのご家族や友人知人が

いらっしゃれば、いつでもご相談ください。

========================================

【長崎県の整体院】マッサージ師や医師も通う「和整体カイロクリニック」

長崎県長崎市東町1909番地 西川ビル102号

電話095-837-1599

「ホームページを見て・・・」とお電話ください

 

コメントを残す

このページの先頭へ