頸椎椎間板ヘルニア

●頸椎椎間板ヘルニアでお悩みのあなたへ

当院では、これまで多くの頸椎椎間板ヘルニアでお悩みの患者さんを施術
してきました。

頸椎椎間板ヘルニアとは、腰の骨の椎体と椎体の間にある椎間板という
背骨に加わる衝撃や体重を緩和するクッションがあります。
この椎間板の中心部には髄核というゼリー状のものがあり、それを線維輪
という丈夫な組織が取り囲まれているのですが、この線維輪に亀裂が生じ
中の髄核が飛び出て神経を圧迫して痛みを起こします。


症状は、首の後ろから肩甲骨の背部にかけて痛みやコリ、腕から手先までの
シビレ。
酷くなると首が動かせなくなります。
他にも、後頭部の痛みや肩こりも起こることがあります。


原因は様々ですが放っておくと入院して手術という場合も多いようです。

あなたの痛みやつらい症状がいつまでも良くならないのには、ちゃんと
「理由」があります。

整形外科でレントゲンやMRIで検査し「頸椎椎間板ヘルニア」と診断されて、
治療や手術を受けても改善しない。

整体やカイロプラクティック、鍼や灸、電気などの治療をして改善しない
のなら、それは本当の根本原因を見逃しているからかもしれません!

頸椎椎間板ヘルニアの患者さんには、その人その人の、本当の原因に
アプローチをする必要があります。

当院では頸椎椎間板ヘルニア患者さんに対して、一人一人に合わせた正しい、
頸椎椎間板ヘルニアに関する情報、メカニズムなどをお知らせするとともに、
本当の原因に、アプローチする整体を行なっています。


●こんな症状でお悩みではありませんか?

・腕から指先までシビレて痛い
・腕や肩、背中が疼いて眠れない
・肩甲骨周辺が疼く
・首が痛くて動かせない
・じっとしてると痛みで耐えられないので動かし続ける
・最初は片方の腕だけだったのに両方の腕が痛み出した

当整体院に来院される方のほとんどが、こういった症状でいろんな病院
や治療院をまわって来られる方ばかりです。

私は約15年間、腰痛で苦しんだ経験がありますので、体の不調で悩まれている
方の気持ちは痛いほど分かります。

当院では頸椎椎間板ヘルニアを起こす本当の原因にアプローチをしていき、
頸椎椎間板ヘルニアの改善を行います。

どこに行っても良くならなかったあなたも当院で笑顔を取り戻しませんか!


●頸椎椎間板ヘルニアには、こんな施術をします

頸椎椎間板ヘルニアは病院では通常、鎮痛薬の服用、電気治療や温熱療法、
牽引、といったことを行い、痛みが酷い場合は神経ブロック注射などを行い、
それでも効果がない場合は手術といったことを行います。

頸椎椎間板ヘルニアは椎間板内部に圧力が加わり亀裂が生じ髄核というもの
が飛び出て神経を圧迫して痛みを出してると医学的には言われています。

これ、実は大半が関係ないんです。
仮にそうだとしても、「なぜ椎間板に圧力が加わったのか!」を考えずに、
あれやこれや首周辺の治療を行っても症状は一向に改善しないんです。

頸椎椎間板ヘルニアはほとんどの場合、首に原因はありません。
身体が歪んで首の椎間板に圧力が加わるようになっているので、その原因を
解決してあげないと、身体の歪みは治らないし、椎間板への圧力は変わらな
いんです。

頸椎椎間板ヘルニアを治すには、なぜそのように歪んでしまったのかを
探り出し一人一人に適した施術を用いなくてはいけないのです。

頸椎椎間板ヘルニアで症状を起こしている原因はほとんどの場合、腰には
ありません。

身体は常にバランスをとるようにできているので、頸椎椎間板ヘルニアの
ほとんどの場合が本当の原因の場所の影響を受けて、頸椎や肋骨、肩甲骨、
鎖骨などの周辺がバランスを崩し神経を圧迫し痛みを出しています。

頸椎椎間板ヘルニアの症状が出ている所は、「結果が出ているところであり、
原因のところではない」。
身体全体のバランスをとるために、「歪んでくれている」ところなんです。

当院では頸椎椎間板ヘルニアの症状が出ている所だけではなく、それを
作り出している原因を徹底して、つきとめていく、あなたの症状に最適な
施術を行っていきます。

不安なことや分からないことは何でもご相談ください。


●頸椎椎間板ヘルニアが改善された患者さんの声

当院に頸椎椎間板ヘルニアで来院された患者さんから頂いた感想を紹介します。

ご参考になれば幸いです。

 

頸椎椎間板ヘルニア  症例1

患者 男性 30代    来院2016年11月

症状

1ヶ月前に頭を強くぶつけ、それから右の首と、右の肩甲骨内側が痛み出し、他にも右の腕と肘も痛みだした。病院と整骨院に行ったが良くならない。痛みで仕事に集中出来ない。

ムチウチ

治療内容と経過

身体の歪みをチェックすると、確かに頚椎の一部と上部の胸椎と肋骨が歪んではいるが原因となる所が無く、原因は手、腕、顎にありました。 原因となる箇所を整えると痛みは無くなり、首の可動範囲も大きく広がった。 その後、4回通院し微調整で完治。

考察

原因となる箇所に歪みを作った要因は、腕組みと頬杖でした。 他にも悪い癖の跡もありましたが、普段の生活の中で何気なくやっていた癖で身体が歪み、歪んでいた身体の状態の時に追い打ちをかけるように頭を強打したのをきっかけに症状が大きく出てしまいました。 病院と整骨院に行っても、本当の原因が分からない為に改善出来てなかったようです。

このページの先頭へ